読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100kg痩せるを目指して戦うダイエットマイスター鈴木隆志の【LIFE COLLEGE】

165kgから65kgを目指して色々なダイエット方法や健康法、美味しいものの誘惑と戦うダイエットマイスター鈴木隆志の挑戦を記録するブログです。。

【スポンサーリンク】

体重計の【Err】って表記知ってます? ダイエットしなきゃいけないと思った日

こんにちは、突然ですが体重計の【Err】って表記知ってます?
肝臓をおかしくして一年半程の半分寝たきりのような生活からやっと社会復帰した頃、ドン・キホーテで体重と体脂肪が図れるTANITAの体重計が安売りしてたので何気なく買って家で乗ってみたところ、通常は数字が表記される場所に【Err】という文字が出たんです。
ん? と思って測りなおしまた【Err】。そんなことを何回も繰り返し、「なにこれ、壊れてんじゃないの?」なんて思った矢先にふと気付きました。
「これってエラー表記だ!」

なにせ当時は病み上がりでブクブク状態。肌は荒れ放題だし動くのすら辛いし睡眠時無呼吸症候群だしで、今思うと本当によく生きてたなと感心します。

あわてて説明書を読むと、【秤量, : 150kg】の文字が!

ひょうりょう
秤量
 
  1. 1.
    《名・ス他》
    はかりで重さをはかること。
  2. 2.
    《名》
    そのはかりではかり得る最大の重さ。
     「―一〇キログラム」


ってことは150kg以上あるってこと!?
もうね、ショックでしたよ。
16歳の時に100kgオーバーして、17歳でダイエット成功して88kgになり、また太って100kgオーバーになって、痩せてリバウンドを何度も何度も経験してきましたが、150kg以上になってたなんて流石に思いもよらなかったですからね!
そしてその時の私が下の画像です!!

f:id:five-llc:20160404073222j:plain

すごいでしょ?
なんていうか、この頃を知ってる人と今会っても気づいてもらえないくらい変わってますし、本当は封印したい過去です……。

これはもう痩せないとまずい! 本気で思いました。
しかし、今までやってきたダイエット方法は長続きせずにすぐリバウンドしてしまうので、先が見えているやり方はもうやりたくない!
そんな時、当時ライブドア買収で一躍時の人となった堀江貴文さんのブログを読んでいて「トータルワークアウト」という方法を目にしたんです。
堀江さんが凄く良く書いていたので、早速調べてみることにしたんです。
で、その内容というのが、今までの自分の常識からはかけ離れた理論だったんです!
もうね、凄く惹かれました!!
と言っても今考えれば、以前の自分はダイエットを「食事の量を減らして運動すれば痩せる」としか考えてなかったですから、知識が無いって本当にダメだなと思います。
そして決め手は堀江さんが実践しているということだったんです!
なにせ自分は堀江貴文という人のファンでして、ライブドアの株主でずっと保有してたくらいですから(笑)

今話題の清原の肉体改造も手掛けたトレーナーによる【トータルワークアウト】
大雑把に言ってしまうと、食事をタンパク質オンリーにして、無酸素運動をしていけば脂肪は落ちて筋肉がつくと言った内容です。

興味を持ったことはまず実践! これがモットーな私は早速食生活を一から見直すことにしました。
肉のハナマサに行って、ササミは高いからと鶏胸肉2kg(当時680円)や白身魚を買い込み、それまでがぶ飲みしていたジュースも一切買わず、とにかくタンパク質オンリーの食生活が始まりました。
そして困ったのが無酸素運動、筋トレです。もうね、流石に150kg以上あると何も出来ないんですよ。なので最初は食事改善だけで行くことにしました!
とりあえずの目標は体重計に数字が出ることです!!

結果から行くとこのトータルワークアウトは失敗でした。
何故かと言うと、食事が続かない。鶏肉や魚を見るのも嫌になってしまったんです。
このトータルワークアウト、タンパク質以外の摂取は摂らないのが前提なので、野菜類もダメだし、調味料は塩コショウくらい。大好きな醤油も大豆が入っているからダメと、単調で味気ないもののみの食事になってしまうんです。しかも鶏胸肉って独特の匂いがあるじゃないですか! もうあれで気持ち悪くなっちゃって、我慢の限界に来てしまったわけです。
しかし体重計は2ヶ月も経たない内に数字が現れるようになり、3ヶ月をすぎる頃には140kg前半まで下がっていました!

とりあえず市販の体重計にのれる自分に納得しながら、その先を模索していくわけですが、それはまた次の機会に!!